サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴の石と遠赤外線> 石の種類(天照石)

石の種類(天照石)

岩盤浴に使われる石の種類は、ブラックシリカをはじめ、何種類かあり、それぞれに特長があります。
天照石は、大分県と宮崎県の県境の深山から発見されたもので、太陽光線の照射や自然の動的な力・エネルギーを吸収して電位を獲得し、4〜14ミクロンの遠赤外線(育成光線)を再放射する天然鉱石です。
放射する遠赤外線(育成光線)は、細胞の活性化と免疫力を向上させます。

天照石から発せられる「テラヘルツ光線」と「マイナスイオン」による不思議な力が、人間の自然治癒力を引き出します。
天照石はテラヘルツ光線と呼ばれるパワーを持つ石で、活水、鮮度保持、熟成、脱臭って排出されたことが判明し、細胞賦活作用などのエネルギーを放出して過酸化脂質を抑制することから、皮膚病の体質改善にも効果を上げていることが証明され、国際医学学会でも発表されました。
また、土壌の活性化・生花植物の成長促進・マイナスイオン作用など様々な形で活かされています。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

「岩盤浴の石と遠赤外線」一覧へ | 石の種類(高千穂美向石) ≫