サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴の石と遠赤外線> 石の種類(ブラックシリカ)

石の種類(ブラックシリカ)

北海道檜山郡上ノ国町で採掘されるブラックシリカは、世界的にも希少な天然鉱石とされ、その希少価値と特徴から幻の天然鉱石とも呼ばれています。
上ノ国産のブラックシリカは、数億年の間、海底の珪藻類を堆積したものと推定され、学術上は黒鉛珪石に分類、多くの天然ミネラルを含み、遠赤外線・マイナスイオンなど様々な波動を放射発散する特徴があります。岩盤浴では、よく利用されている石です。

ブラックシリカから放出される遠赤外線は、生育光線と呼ばれる小さな波長帯の熱線で、ブラックシリカの遠赤外線が人体に吸収されると発汗を促し、血液、体液の循環を活発にします。ブラックシリカの遠赤外線は、特に生体の細胞を活発にする作用が見られ、動植物も元気に育つ効果があります。

磁鉄鉱が含まれており、波動エネルギーが放射されています。ブラックシリカが発するこのエネルギーの強さを測定したところ動植物に対して、有効な波動であることがわかりました。この働きにより、本来持っている固有波動を送り込む事により、乱れた波動が徐々に修正され、健康の維持などに効果があると言われています。

また、ブラックシリカから発生するマイナスイオンは、約25,000個/ccトルマリンと同等もしくはそれ以上の高いマイナスイオンが発生していることが明らかになっています。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

≪ 石の種類(ラジウム鉱石) | 「岩盤浴の石と遠赤外線」一覧へ | 石の種類(麦飯石) ≫