サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴の石と遠赤外線> 石の種類(貴宝石)

石の種類(貴宝石)

日本の南アルプスで最近発見された自然界で最高レベルの遠赤外線放射エネルギーと、マイナスイオン発生量を持つ、今話題の水晶に近い天然の活性石です。

約3000万年前の地球造山運動のエネルギーを吸収・再放射しており、その素晴らしい効力は、自然環境の浄化や、健康産業の分野に広く利用されています。
特に、強力なマイナスイオン電子の働きで、ダイオキシンなどの環境汚染物質の毒性を短時間に分解し、還元するため、健康を望む多くの方の期待が寄せられています。

遠赤外線放射率は、他の天然石よりはるかに大きい96.7%で、常温でも遠赤外線を放射する天然鉱石です。マイナスイオンの発生量は、トルマリンをはるかに凌ぎ、電場磁場による共鳴共振作用とも呼ばれる、ある一種の波動を発生し、人体に気を注入し、気の巡りを良くする働きもあります。
天然ミネラルの供給作用や生命に必要な必須ミネラルを豊富に含んでいます。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

≪ 石の種類(麦飯石) | 「岩盤浴の石と遠赤外線」一覧へ | 石の種類(北投石) ≫