サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴と汗の関係> 水分補給が第一

水分補給が第一

岩盤浴では、たくさんの汗をかきます。大量に汗が出るということは、たくさんの水分が体から失われるということです。水分が失われ、補給しないままだと、「脱水」という症状が起きます。
ですから、水分補給は、岩盤浴にとって、一番大切なことだといえます。
岩盤浴では、入浴前、休憩時、入浴後、の少なくとも3回は、水分補給をする必要があるのです。

まず、入浴前に水分を摂ることが大切です。
量的には、200〜250ミリリットルを入浴前にゆっくりと飲みます。

その後、休憩時に、200〜250ミリリットルを飲みます。
2回目の入浴時には、できれば岩盤浴室にペットボトルを持ち込んで、こまめに飲むのもよいでしょう。

入浴後には、さらに200〜250ミリリットルを摂取します。
このようにこまめに水分摂取をしたら、まず脱水症状をきたすことはないでしょう。

このとき、水、ミネラルウォーター、スポーツ飲料をうまく組み合わせて摂るのが望ましいそうです。
汗をかくと水分だけでなく血漿の電解質も失われ、血液の濃度が高くなります。水だけでも、ミネラルウォーターだけでも完璧ではなくて、入浴前は、水かミネラルウォーターで、休憩時は、ミネラルウォーターとスポーツドリンク半々で、入浴後は、スポーツドリンクで、というのが理想だそうですが、難しいと思うので、そういう心がけでということですね。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

≪ 部分汗が減る? | 「岩盤浴と汗の関係」一覧へ | さらさら汗のしくみ ≫