サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴の石と遠赤外線> 石の種類(祖母聖光石)

石の種類(祖母聖光石)

九州地方で世界最大級の阿蘇カルデラ火山誕生の歴史を凌ぐと言われる祖母山系の特定地帯で産出される波動石のことです。中生代の地殻変動海底隆起など、地球創造の歴史で中心核を成した鉱床と思われ、極めて硬く帯状の筋が特徴です。
中生代の地殻変動海底隆起など地球創造の歴史で中心角を成した鉱石の持つエネルギーは、遠赤外線マイナスイオンを越えた力を秘めています。

その性質は、透過力にあります。
天然岩は熱・水摩擦などによりその効果を発揮します。
水と配合することで水分に含まれる毒素を吸収除去あるいは弱毒素化し、本来、水の持つ良質なものに還元するので人体の内外から吸収することにより、体内よりは血液の流れを良くし、体外からは保湿性があるので、乾燥による肌の痛みを軽減する効果があります。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

≪ 石の種類(北投石) | 「岩盤浴の石と遠赤外線」一覧へ