サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴ってなに?> 岩盤浴のしくみ

岩盤浴のしくみ

「水のいらないお風呂」で石の上に、ただ横になるだけで、どうして体にいいのでしょう?
それは、使われる岩盤から出る「遠赤外線」に秘密があったのです。
普通のお風呂では、体の表面は温まりますが、体の芯までは、なかなか温まりません。
これを解消するのが「遠赤外線」のパワーなのです。

この遠赤外線の効果として、わかりやすいものに太陽光線があります。
気温が低くても日だまりで日光浴をしていると、ポカポカ温まってきますよね。これと同じなのです。
そのポカポカは、ただ気持ちいいだけではなく、体内の細胞を活性化させ、血液やリンパの中の酸素を体の中に循環させ、流れをよくするのです。

また、岩盤浴に使われる岩盤からは、「マイナスイオン」も発生します。
マイナスイオンは、リラックス効果でよく知られていますが、汗の粒を小さくする働きもあります。
これにリラックス効果により免疫力アップも図れるのです。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

≪ ホルミシス効果 | 「岩盤浴ってなに?」一覧へ