サイトマップリンクについてメール

トップページ > 岩盤浴と汗の関係> さらさら汗のしくみ

さらさら汗のしくみ

なぜ、岩盤浴でかく汗はサラサラなのでしょうか?

1つは、濃度の薄い、水に近い汗だからです。
汗がゆっくり出ることで、再吸収機構と呼ばれる、体に必要な血漿の成分を元の血管に戻すしくみによるものです。

真夏の暑い場所に出た時、一気にかく汗だと血漿の成分も出てしまって、ベタベタした悪い汗になってしまうのに比べ、岩盤浴による遠赤外線効果で、体の芯まで温まって、じんわり、ゆっくり汗をかくことで、水に近いさらさらの汗になるのです。

そして、もう1つは、汗の粒が小さいからです。
これは、岩盤から発せられるマイナスイオンの力によるものです。

これらの理由により、水に近い成分で、かつ小粒の「さらさら汗」をかくことができるのですね。


岩盤浴マット(アルミブランケット付き)

◆トップページへ

≪ 水分補給が第一 | 「岩盤浴と汗の関係」一覧へ